【CBD-1000AT3-DSA-J】
レーザー加工用集塵機 超高圧型

レーザー加工用集塵機 CBD-1000AT3-DSA-Jは、超高静圧ブロアを採用し、小径配管での取り回しでも吸引力を維持します。CBA-750/1000/1500と比べて、集塵容量や塵落とし機能を強化しており、粉塵が多量に発生するレーザーマーキング工程やレーザー剥離工程に適しています。

集塵機の構造と特長

① 1次フィルタ
剥離性の高いテフロン微孔膜フィルタを採用しており、払落としによるクリーニング効果を最大限に発揮できます。

■独自の巻き上げ機構により、ゼオライトをプリコート
捕集効率が0.5μ99.99%以上のフィルタにゼオライトをプリコートすることで、レーザー加工で発生したヒュームや微粒子を吸着・捕集します。吸引ブロアにより、吸引された空気中のヒュームや微粉塵は、ゼオライト吹き上げ口から舞い上がり、同時にゼオライトを巻き上げながらフィルタに積層させます。

■塵落とし機能(ジャイロエアー式)
独自の機構を搭載しており、約20秒間の自動塵落としを行います。 自動塵落とし時は逆流防止のため能力レベル1での運転が約30秒間行われます。 自動塵落としは次のいずれかの条件で起動します。
(1)運転積算時間が1時間以上経過後の運転OFF時
(2)リモート操作で能力レベル1に変更時

② 着脱フランジ
排気口フランジのサイズがワンタッチ交換で変更可能です。
※排気フランジの口径は、吸込フランジの口径以上で設定してください。

③排気フィルタ
HEPAフィルタを搭載しており、クリーンルーム内でご使用いただけます。
(対応クリーンクラス100,000~10,000 ※工場出荷時検査値)

④ 活性炭カセット
臭いを吸着するカセット式の活性炭フィルタです。簡単に交換できます。

⑤ 2次フィルタ
電気部品を粉塵から保護します。

集塵機の操作と制御

AT3パネル

AT3パネル

集塵機の操作や状態確認ができるパネルを搭載しています。従来のATパネルから進化し、各種圧力やブロア温度・回転数など、確認できる情報が充実しています。

また、別売のリモートケーブル(型式:MT-173-8)を使用することで、運転ON/OFFが遠隔操作でき、出力信号を取り出すことができます。さらに、別売オプションでイーサネット通信やRS-485通信への対応も可能となりました。

製品詳細

CBD-1000AT3-DSA-J
  • 超高圧型
  • クリーンルーム内に設置対応
  • 逆洗式
  • AT3パネル
  • 標準でRoHS対応

※騒音値は、吸込み口にホースを接続した状態で、本体より1m離れた任意の点でAスケール(dBA)で測定した値です。

対応フィルタ

1次フィルタ

CS-250-300-93P-R

2次フィルタ

CHF-2525-50

活性炭カセット

ACC-3220-100

排気HEPAフィルタ

HEP-3220-69

モーター冷却用
吸気フィルタ

AE-100(113×47)

モーター冷却用
排気HEPAフィルタ

HEP-1293-33

ゼオライト

ZEO-2500(2.5kg)